戊辰戦争において、新政府軍に奪われた城を一時的にでも取り戻せたのは、長岡藩のみです。
この戦いで、長岡藩を率いていた河井継之助は、その名を世に知らしめることになります。

出陣を前に継之助は、口上書を藩兵に読み聞かせ、「なぜ、城を奪還するのか」を説いています。
当時では珍しく口語文で書かれていたそうです(つまり分かりやすい=理解・納得できる)。

藩兵一人ひとりに役割を与え、結果を出させるという継之助の際立った采配によって、長岡城を奪還します。

巨大な蛇がすむと言われ、迷えば出ることができないと恐れられていた沼地を暗闇の中渡り、成功させたこの奪還戦は、城下の町民らの盆踊りになどで歓迎され、その後の長岡の歴史に大きな勇気を与え続けたそうです。

つまり結果を残す組織というのは、目的(ミッション)が共通認識としてあって、その上で役割がそれぞれに定められているということなのです。

img_person_11
 
そもそも長岡藩が中立(会津・柏崎の桑名を説得します)という立場を取ろうとせず、新政府軍に従えば長岡の街が戦火に巻き込まれることはなかったという考え方もありますが、新政府軍に従えば、越後に多くいた幕軍に自ら手を下すことになるので、それは仁義に反するだけでなく、新政府軍として、長岡以外の街の暮らしを破壊してしまうことになるわけです。
「長岡の街だけ守れれば良い」という判断をしなかった結果の戦いであったことを補足します。