2017.8.10毎日新聞記事より)

口唇口蓋裂という病気のため鼻が潰れていたタガッシュさん(ペンネーム)は、小中学の頃、級友らにからかわれ、教室から外を眺めて「飛び降りたら楽になるかな」と何度も思ったそうです。


そんなタガッシュさんの転機は、絵を描くのが好きで、工業高校のデザイン科への進学した時だったそうです。

仲間は絵やデザインを含め、皆やりたいことが明確で、誰も外見など気にしていない風でした。そんな仲間の姿を見て、安心感よりもむしろ「もっと個性を出さないと」と焦ったそうです。


自分の中で眠っていた積極性が開花し、ロックバンドを組んだり、同人誌のイベントに作品を持ち込んだり好きなことに打ち込む日々を過ごすうち、症状と向き合う余裕ができたそうです。


タガッシュさんのお言葉「どんなに少数でも、同じことが好きな人は必ず見つかる。そうしてできたつながりは人生を変えてくれる」と信じているから。  


———————————————

やりたいことやってみよう。

そしたら「自分から動き出せます。」

動き出したら結果があります。

例え失敗でも、それは成功に近づく「学び」になります。
動かなければ何も起こりません。

進んだ人との差は広がるでしょう。 


現代はナレッジ・ワーカーの時代です。

ナレッジ・ワーカーは「自ら考え、自ら決定し、自ら行動する人」です。

反対はマニュアル・ワーカー(他人の決定に従って、他人の指示の通りに働く人)となります。


マニュアル・ワークは、徐々に機械やAIに置き換えられていくでしょう。


ちなみに、現在は過去の習慣から導かれたもの、未来は今の習慣から創られるものと考えています。

異論もあるかと思いますが、大雑把にはそのように考えています。


自ら動いて自分の未来を創りましょう。


IMG_1627
お気に入りの狛犬ちゃんです。
白山比咩神社で発見しました。
上の方を向いて、ニッコリ口角が上がっているように見えます。
さあ、今日も前向いて行きましょう😊