そこに愛はあるのかい?(ドラマ「ひとつ屋根の下」より) 

20150929_1352877

「叱る」は相手に「良くなって欲しい❗️」という気持ちで行う指導方法です。

時に必要な場合があります。

だって、「部下に良くなってもらいたい」のは「上司の愛」

「子供に良くなってもらいたい」のは「親の愛」だからです。


叱らないで、「見て見ぬ振り」は、相手を不幸にしてしまうかも知れません。
それでいいんでしょうか? 


でも、叱るのって「怖~い😢

「どうして?」「だって怒ってるみたいじゃん」


怒らなくて、いーーんです❗️


叱るときの注意点「借りてきたねこ」

感情的にならない

理由を話す

手短に

キャラクター(性格や人格)に触れない

他人と比較しない

根に持たない

個別にしかる


愛すればこそ、ついつい本気になることもあると思います。

でも、それは

いーーーんです‼️

(暴力、いじめ、パワハラ、セクハラ等はNGですが)


たいていの場合、そんなアナタの気持ちは伝わります。

(普段からのコミュニケーション、信頼関係は必要です。)


叱られて「嬉しい」(私のことを大事に思ってくれている)という事、ありませんか?

あと、「言っても直さない」

何度でも言えば

いーーーんです‼️‼️

1443009944
あと、一方通行な指導だけでなく、

「どうしたらいいと思う?」

「それで上手く行きそう?」

「じゃあ、それで行ってみよう😊

(あとは見守る)

というのはいかがでしょうか?

人は納得しなければ行動しません。

納得しないでやる行動は、「その場限り」になる確率高いです。

だから、いつまでたっても直らなかったりします。

元気のある会社
こんなことお話ししてます。

【経営者向け勉強会・交流会のお知らせ】


社長さん向けの勉強会・交流会、
「部下がやる気を出す褒め方セミナー」
⬆︎⬆︎⬆︎ クリック ⬆︎⬆︎⬆︎

クリックして内容を見るだけでもお役に立つと思います。

 

未来をつくる「人」と「会社」を幸せにするお手伝い

AGTよろこび発見応援隊

高嶋 明良

業務内容はコチラからご覧になれます。⬅︎クリック

⬆︎⬆︎⬆︎ クリック ⬆︎⬆︎⬆︎