夢・イキイキ・ありがとう

未来の「ひと」と「会社」を幸せにするお手伝い、AGTよろこび発見応援隊の高嶋明良(たかしまあきら)です。個人・企業向けセミナーを行います。「縦割り組織に「絆」という横串を入れる。」「輝く上司を育てる。」「社員が辞めない、伸びる会社をつくる。」。「ダンスによるストレス解消、コミュニケーションアップ。」「フェイシャルヨガ(顔ヨガ)による素敵な笑顔づくり」も行います。私は自らの仕事を通じて、未来の日本を「朗らかで誇りを持った、世界に貢献する国にしたい」と思っています。相談は無料です。お気軽にご相談ください。

タグ:学ぶ

文部科学省より、高大接続システム改革会議

「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」の最終報告がありました。

 

これを読むと、未来の日本に対する強い(「今のままじゃいけない」という)危機感を感じます。


(以下最終報告より、抜粋)

これからの時代に我が国で学ぶ子供たちは、明治以来の近代教育が支えてきた社会とは質的に異なる社会で生活し、仕事をしてゆくことになる。

新たな時代に向けて国内外に大きな社会変動が起こっている中で、我が国や世界でどうのような産業構造が形成され、どのような社会が実現されてゆくか、誰も予見できない。

確実に言えるのは、先行き不透明な時代であるからこそ、多様な人々と協力しながら主体性を持って人生を切り開いてゆくことが重要になるということである。

我が国と世界が大きな転換期を迎えた現在、この教育改革は、幕末から明治にかけての教育の変革に匹敵する大きな改革であり、それが成就できるかどうかが我が国の命運を左右するといっても過言ではない。


これからの時代に向けた教育改革を進めるにあたり、身につけるべき力として特に重視すべきは、

(1)十分な知識・技能

(2)それらを基盤として答えが一つに定まらない問題に自ら解を見出してゆく思考力・判断力・表現力等の能力

(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度である。


—————————————————————————————


「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」がこれからの子供達の土台として必要であるということで、これはまさに日本褒め言葉カード協会及び会員である私が行っている「褒め言葉カードセミナー」「褒め言葉トランプセミナー」で学ぶ、「自分を知ること」「自分と相手(他人)は違うということ」「相手を認め応援すること」に通じるものがあると思います。


これは「子供が学校で学んでくれば、それで良い」というものではありません。

子供を育てる、親・教育者・社会全体にも必要ですし、それがなければ子供達も実現できないと思います。

日本褒め言葉カード協会のホームページ 

 
FullSizeRender 3

先日、出張先の札幌でのOFF、中島公園内のレストランでランチをいただきました。

清々しい緑の中でゆっくりと食事をいただくひとときは、とても良い時間です🍴


ある業界のお話


「優秀な人が出てきたら足を引っ張る」

「部下指導は、怒って、ひれ伏させる、従わせる」


そんな業界、実在するんですね!

びっくりしました👀


そんな上司は、家でも同じこと、奥さんやお子さんに対してやってるんでしょうか?

そうあって欲しくありませんが、会社でそんなことしていたら、幾らかはプライベートにも反映されると思います。


そんな環境下、私の知人は「褒めて育てる」を実践しています。

当然、その方を強く非難する声は、結構あるようです。

一時は干されたそうです。

でも、彼の指導は、確実に結果を出してきているようです。

業界の貴公子として旋風を巻き起こすことは、そう遠くないと確信します。

  
私は、彼に業界誌にコラム投稿することをお勧めしました。

(やってみて採用されなかったら、取りあえずFacebookやブログにすればいいだけの話ですから。)

将来は出版とか十分あり得る話だと思います。



かつて、その方は、何かと「できない理由」を作って、失敗しない、問題の起こらない、でも何もしない人生を送っていたそうです。

でも、それが「最大の問題」と気づき、積極的に学び、実践する人に変化したそうです。


学び、実践する人は、失敗もします、でもたくさんの経験と実績も残します。

(失敗と言いましたが、実際は「成功しないケースを学んだ」ということです。)

経験や実績のある人は、人から信頼されます。

信頼されれば、感謝する気持ちも生まれます。

(驕ってしまえば信頼も失います。)


学び、実践しないことが、いかに「もったいない事」かご理解いただけると思います。


IMG_2434
夕方に一杯のスパークリングワインをいただきました。
金色の泡が心を満たしてくれます。

↑このページのトップヘ