電通「略式命令は不相当」正式裁判へ


そもそ略式命令って?

検察官の起訴に対して、簡易裁判所が公判をせず非公開で罰金又は科料を課す刑事手続き


これに対して電通は、不相当として正式な裁判手続きに入ります。


これ、ものすごい事で、略式命令が出される自体、裁判所だって色々な資料に基づいて判断している訳で、仮に略式命令自体は、電通のいう通り不相当だとしても、裁判ともなれば、色々な事が公になる訳で、この逆風下になぜ丸裸になるのだろうと、元裁判実務の経験者としては思うわけです。


略式命令は一部不本意なところはあるけど、これからは社会の見本となるように改善してゆきますというのが賢い選択だと思うのですが。。


会社はちゃんとしてたけど、上司がダメだったんだというところに持って行きたいのかなあ。。

それとも身を切って、これからの「日本の働き方」について考える大きな材料となったのか(そんな事無いでしょうけど)。


いずれにせよ、労務裁判の歴史に残る、「日本の働き方」について考える大きなポイントになる事は間違い無いと思います。


ただ、電通自らの自爆、あとは、よもやすると「社会の過保護化?」に拍車がかかるみたいな事にならないか、ちょっと心配でもあります(私自身は、電通の味方でも敵視している訳でもありませんが。)。